アニメ ゲーム・アニメ関連 水星の魔女 考察記事

【水星の魔女】徹底考察第三弾!ネタバレしかない!〜ミオリネの父、エルノラとエリクトサマヤの敵、デリング・レンブラン編〜

皆さんこんにちは、夫婦プラモデラーの妻です。

私は生まれついてのオタク、オタクは考察が1日2回のおやつくらいだーい好き!

今回も水星の魔女の前日譚本編小説から考察をしていきたいと思います。

2話が出るまでに1話を味がしなくなるまで噛み砕いていきましょう!!!!

アニメ本編を見てない方はこちらも検討ください!

U-NEXTでは毎週18時から無料で視聴できます!プロローグも観れますのでおすすめです。

途中でCMも挟みませんし、オープニングやエンディングもしっかり何度でも観れます!録画を失敗する心配もないし非常にお得で助かります!

個人的にはアニメも映画もこれ一つで済んでいます。

今回の考察ポイント

今回は麗しのミオリネ嬢のクソ親父こと、デリング・レンブランさんにスポットライトを当てて考察していこうと思います!

エルノラ・サマヤ、エリクト・サマヤの二人にとっては敵とも言える人物ですね。

デリング・レンブランって誰なの?

デリング・レンブランと言えば「すべてのガンダムを否定します」の全否定おじさんとして有名ですが、具体的には何をしている人なのでしょう?

軍人あがりのグラスレー社の幹部として前日譚(プロローグ)では艦隊ユリシーズを差し向け、ヴァナディース機関の従業員を殺戮させたことは記憶に残っていますが、今作ではベネリットグループという大企業の総裁になっていました。

どう転んだら元々の上司を飛び越えてグループ企業の総裁になるのかは分かりませんが、相当な手腕があるようです。

何故ヴァナディース機関の従業員を殺したの?

大きな疑問の一つがこれです。

前日譚でのモビルスーツ開発評議会の決断は「業務停止命令」であり、少なくとも全員処刑ではなかったはずです。

そもそも働いてた会社が業務停止になったとして、開発してるのが違反なので働いてる従業員は皆殺しです!なんてこと聞いたことあります??

少なくとも私は無いです!

よく考えたらとんでもない事です。しかもそれを独断でやっている。おまわりさーんココです!!

何故そんなことをするのかと考えたら、やはり"GUND"の技術を抹殺したいレベルに無くしたかったからなのでは無いかと思います。

それこそ、技術そのものを憎んでいるレベルに‥。

この辺り、亡くなった妻を"GUND"技術は助けてくれなかった‥なんて形で関わっているのではないかな?なんて、考えすぎたりします。

そして‥もしかしたら、モビルスーツの技術を独占したかった。という線も考えられますね。

可愛い娘、そこに愛はあるの?

愛は、あるんか‥?

愛娘と呼ばれてしかるべき一人娘のミオリネ・レンブランは、欠伸し助けてくれないボディガードをあてがわれ、好きでもない男たちに決闘で自らの婚約者を決められています。

他の人間は知りませんが、その中でもホルダーであったグエル・ジェタークからは趣味のお花や野菜の鉢を割られて突き飛ばされています。

いやいや、育ちが悪すぎて草。土だけに。

ひと笑い奪えたのは後から我らのスレッタがボコボコにしてくれたからですが、この令和の時代に妻になる人を暴力で従わせようなんて何たることでしょう。

2話では是非とも彼にも"虫語で謝って"もらいたいものですが、父親がグループ企業のトップなのにどうしてこんな扱いをされているのでしょうか?

それは父親であるデリング・レンブランが、娘に全く興味が無いからだと思います。

お嬢様なのに全く口調もそれらしくない‥馬鹿にする同級生の口ぶりからも、ミオリネはお嬢様として大事に育てられた事は無いように思います。

どんな風に扱ってもなんのお咎めもない、父親に雑に扱われている企業トップのお嬢様。

ミオリネはずっとあの様に雑に扱われて来たことがわかりますね。愛は‥あるのでしょうか?

ミオリネに幸あれ‥

次のページではデリングがなぜベネリットグループの総帥になっているのか考察します!

次のページへ >

-アニメ, ゲーム・アニメ関連, 水星の魔女, 考察記事
-, , ,