アニメ アニメ本編ネタバレ ゲーム・アニメ関連 水星の魔女

アニメ 水星の魔女 第19話 一番じゃないやり方 ネタバレレビュー!次回が楽しみ!

水星の魔女 第19話一番じゃないやり方レビュー

物語もだいぶ進んできましたねー。

そしてついにプロスペラが実力行使にでて、復讐計画を実行に移し始めましたね。

強大な復讐相手というのも見えてきたような気がします。

エアリアル。

本当にラスボスになるんか。

というわけで早速、第19話を整理していきたいと思います。

アニメ本編を見てない方はこちらも検討ください!

U-NEXTでは毎週18時から無料で視聴できます!プロローグも観れますのでおすすめです。

途中でCMも挟みませんし、オープニングやエンディングもしっかり何度でも観れます!録画を失敗する心配もないし非常にお得で助かります!

地球に交渉に向かうミオリネとグエル一行

昔から来たかっただろとグエルに問われるミオリネ。

まぁそりゃそうでしょうけど、この状況で呑気に楽しめる訳はないですよね。

グエルって結構天然だね!

ただ、元々地球で農業的なことをやりたがっていたミオリネなので、複雑な想いはあるでしょうし、彼女自身は本当に争いは望んでいないのは間違いないでしょう。

母の話をすればもっとアーシアンに受け入れられそうな気もしますが、いつの間にか学生というより、随分とキャリアウーマンみたいになっていますね。

ポイント

地球と紛争が続く状態ではあるが、非暴力による解決を目指すミオリネ一行

プロスペラの暗躍

非武装で地球に向かっているはずのエアリアルだが、どうやら裏ルートを使って地球にエアリアルの武装を送り込んでいる模様。

プロスペラは地球と宇宙とで本格的な紛争を巻き起こすつもりらしい。

宇宙議会連合が動向を探っており警戒を高めている模様。

それぞれの一番じゃないやり方

【マルタンとニカ・ナナウラ】

  • マルタンはニカ・ナナウラを管理本部に売却したが、それは地球寮の安全を守るためであり、仕方がなかった。
  • テロリストと関わっている仲間がいる場合、それは危険分子と見なされるべきであり、マルタンの行動は正当化される。
  • 地球寮のメンバーもマルタンを強く非難せず、彼の行動を理解していた。

【スレッタとエアリアル】

  • スレッタは最初、エアリアルに拒絶されたと思っていた。
  • しかし、実際にはエアリアルはスレッタをプロスペラの計画から守るために配慮していたことが分かる。
  • スレッタは自分が理解していなかったことに初めて気づく。
  • スレッタは自身が大きな傷を負ったが、エアリアルの思いに気づけて良かったと感じている。

エアリアル 改修型 HG 1 144 ガソプラ
ノーブランド品

地球代表と話し合いをするミオリネ

【ミオリネの提案】

  • ミオリネはベネリットグループによる経済効果を淡々と説明しているが、それは的外れであり、アーシアンを煽るような内容になっている。
  • アーシアンにとって、経済効果による懐柔案は、理不尽に蹂躙されている状況でも散々搾取されてきて困窮しているアーシアンを下に見ているように思える。
  • 結果としてアーシアンはお金で釣られようとしていると感じても仕方がない。

【地球代表とミオリネの対話】

  • 地球代表はミオリネの話を不機嫌そうに遮り核心に迫る。
  • 代表が唐突に発言した1,529人という数字。これは如何に地球がスペーシアンによって軽く扱われているかという客観的事実でもある。
  • アーシアンは長年にわたりパーメットを独占され、戦争シェアリングによる代理戦争を強いられ、疲弊している。
  • そのような状況下でありながら、話し合いに応じる姿勢やミオリネの提案をしっかり聞いているところに逆にすごみを感じる。

【地球代表の要求とミオリネ】

  • 地球側の要求はスペーシアンを地球から追い出すことであり、それは宇宙と地球の分断を意味する。
  • しかし、ミオリネは自社の中核メンバーにアーシアンがいることから分断を望まないことを力説する。
  • 地球代表も医者であり、GUNDを使った医療技術に興味がある様子。
  • 地球代表にミオリネの思いは伝わるが、ミオリネが代表権を持っていないことが危惧される。
  • そのため、ミオリネは総裁になることを本気で目指すことになる。

ポイント

ミオリネは総裁選に勝利して自分がアーシアンとスペーシアンとの懸け橋になることを決意。

ノレア・デュノクとエラン・ケレス5号君。そこカップル確定。

似たところがある二人。

お互いに呪われたガンダムの部品として扱われており命を軽んじられている。

ノレア・デュノクはスペーシアンを激しく憎んでおりスペーシアンであるエラン・ケレス5号に食って掛かっているが、凝りずにノレアに近づき、彼女のことを知ろうとしている。

乱暴ではあるが、徐々に打ち解けていく二人の関係性。

ニカ・ナナウラも孤児で不幸な境遇ではあるが、ニカ・ナナウラには絶対にわからないものがあるというのがまた皮肉。

ニカ・ナナウラはアーシアンであり、孤児であるが、使い捨てのガンダムパイロットではない。

エラン・ケレス5号はスペーシアンではあるが、使い捨てのパイロットで死を常に感じている。

出自に関係なく、本人の資質や経験が重要というのは、マーティンルーサーキングの有名な演説を思い起こさせるものがある。

ここにそれを紹介しておこう。

私には夢がある。いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の子孫たちとかつての奴隷所有者の子孫たちが、兄弟の間柄として同じテーブルにつくという夢が。

私には夢がある。いつの日か、不公平と抑圧という灼熱の炎にさらされているミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスへと生まれ変わるという夢が。

私には夢がある。いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色ではなく、人格の中身によって評価される国で暮らすという夢が。

今読むべき、キング牧師「私には夢がある」(I Have a Dream)演説全文 | ハフポスト NEWS (huffingtonpost.jp)

キング牧師の言葉を改めて読み返すと、まさに、水星の魔女のアーシアンとスペーシアンとの関係性を感じられるし、ミオリネは非暴力によって解決を試みたというのも面白い。

余談だが、このキング牧師は志半ばで凶弾によって倒れている。

ミオリネ…さすがにそこまではないが、誰かしら衝撃的な最期を迎える可能性がある。

セドとグエルのつながりがシャディクの唯一の想定外か

フォルドの夜明け団にとらわれていたグエル。

そこでのつながりがセドとの関係性を生んだ。

そして、シャディクゼネリはやはり、グラスレーの育成プログラムであるアカデミー出身ということ。

そこに入れてくれとせがむセドであるが、うっかり重要なことをしゃべってしまう。

それは、シャディクゼネリがプリンスと呼んでいる事。

シャディクゼネリの呼び名。イェール・オーグルが元々の名前らしい。

そして、プリンスという呼び名はフォルドの夜明け団にいたアーシアン以外からは一度も報告に出てこなかったという共通点が。

ポイント

プリンスの呼称はフォルドの夜明け団の内部でのみ知られている。

つまり、このプリンスという呼び名を知っているのは、フォルドの夜明け団の人間である確率が非常に高い。

セドは大人はみんな知っていると言ってしまったので、彼の周囲の大人はフォルドの夜明け団で固まっている可能性が高い。

そのように、ケナンジに看破されてしまった。

そこから、グエルは、フォルドの夜明け団はプリンスと繋がりがあり、シャディクゼネリが黒幕であることに気が付いたのである。

そのことをミオリネに報告してすぐにとらえるように言うものの、証拠がないという冷静な判断。

まず、証拠となるサリウスゼネリを確保することが重要だというナイス判断を行ったことでグエルの突発的な行動を抑えた。

そのほかにも、関係性を知っている、ニカ・ナナウラやノレア・デュノクらを確保することが出来ればシャディクゼネリは窮地に陥るだろう。

シャディクゼネリ危うしなのである。

そして、そのことをさらっと、ケナンジアベリーがプロスペラに報告する。

滅茶苦茶ヒヤッとするシーンである。

プロローグをみればわかるが、ケナンジアベリー本人こそ、プロスペラの夫を〇害した張本人なのである。

そのことをプロスペラは知っているのだろうか。

もし、知りながらもこの落ち着いた対応が出来ているとしたら、彼女は非常に恐ろしい人間である。

オックスアース社が暗躍

プラントクエタと学園を襲撃した、ルブリスウルとルブリス・ソーンはオックスアース社製とのこと。

このオックスアース社はプロローグにて壊滅したと思われていたが、議会連合が工作組織として支援している。

プロローグにて、ヴァナディースのルブリス試作機を接収したことによって量産化に成功したと考えらえる。

議会連合の目的は一体なんなのかが気になるところ。

プロスペラとエアリアルによって、地球は大混乱に。

隠して輸送しておいた、ビットを使用して制御を奪い、あえて自分を狙わせるという、満州事変を思い起こさせるやり方で開戦の口火を切った!

GUNDの理念を踏みにじり、エリーの未来を邪魔する存在ということで先制攻撃を仕掛けているプロスペラ。

武力衝突を避けるために、開発者の一人であるウィンストンを懐柔しようとする宇宙議会連合のフェン。

ウィンストの口から、プラントクエタにクワイエットゼロ計画に関するものが隠されているという情報を入手することに。

これは、大きな波乱を巻き起こす予感。

プロスペラとしては、クワイエットゼロ計画を邪魔されてはたまらないので、プラントクエタに急行する形になるだろう。

そこで、シャディクゼネリと相まみえるのか、または、入れ違いになるのかは不明だが、プラントクエタが最終の舞台になる可能性が大いに高まったシーンだと思う。

再び戦火にまみえる地球

地球での戦闘が大々的に報じられるようになり、地球独立戦争の機運が大いに高まる結果に。

また、総裁選に関しては、エラン・ケレス本人によると、これでミオリネ側の支持者が増える結果になるということ。

そのためか、シャディクゼネリはかなり険しい顔をしている。

シャディクゼネリはミオリネが戦闘を許さないと考えていたので、この事態は予想外だろう。

そして、プロスペラによって強襲されたオックスアース社の拠点に関しての情報を既にキャッチしており、シャディクゼネリは議会連合と何か繋がりか密約がありそう。

地球を巡る争いが本格的に始まるきっかけになる19話であった。

シャディクゼネリの計算が徐々にズレ始めている結果に。

しかし、気になるのは、既にシャディクゼネリはモビルスーツを用意させており、僚機と共に出撃するつもりの様子。

もしかしたら、フォルドの夜明け団と合流してエアリアルと戦うかもしれない。

もし、そうなったら、ラスボスはシャディクゼネリということになるのか。

いずれにせよ、次回が楽しみである。

-アニメ, アニメ本編ネタバレ, ゲーム・アニメ関連, 水星の魔女
-,