アーセナルベース ゲーム・アニメ関連 モビルスーツ全般 モビルスーツ関係

アーセナルベース シーズン2 おすすめ機体トップ10 カード評価 記事更新 2022年8月 バージョン紹介

アーセナルベースとは

アーセナルベースについては、下記記事にて記載しておりますので、気になる方はチェックしてください!

アーセナルベース
参考アーセナルベースシーズン1 おすすめ殲滅 カード評価 シーズン2 シーズン3で使えるカードも紹介

続きを見る

シーズン1との比較について

ガンダムエクシア アーセナルベース
参考アーセナルベース シーズン2 シーズン1との比較

続きを見る

シーズン1のモビルスーツ評価について

主力として使ってもいいい。高性能モビルスーツ
参考アーセナルベース おすすめモビルスーツ シーズン1カード評価 シーズン2での評価も追記

続きを見る

シーズン2終盤に奇襲、誘導、増援に対して大きな修正があり、カード評価も変化

こちらもCHECK

アーセナルベース 誘導修正&一部仕様確定情報について講評

続きを見る

こちらもCHECK

アーセナルベース 2022年7月バグ修正
アーセナルベース バグ修正。環境変化。低レベルにとって不利。誘導、防衛、成長のバグ修正が大きなポイント

続きを見る

こちらもCHECK

アーセナルベース奇襲弱体化&増援強化
アーセナルベース 環境変化! 2022年6月24日修正情報 奇襲弱体化 増援攻撃力強化!

続きを見る

ポイント

奇襲弱体化により、奇襲直後にSPを撃つことができなくなったので、奇襲アビリティは必ずしも必須ではなくなった。

増援は攻撃力が強化され無視できない存在に。

誘導はセンターラインで発動させることにより、両拠点のモビルスーツを釣ることができる形に。

また、非常に大きな問題ではあるが、防衛移動が拠点に間に合わず、先に誘導に釣られる形になると、移動先に防衛効果が乗らない問題がある。

注意

上記の修正ポイントからお勧め環境カードが変化。

新環境お勧め新規モビルスーツ カード評価

第10位 ガンダムエクシア シーズン2 おすすめ度 ★★★★☆ 変わらず

ココがおすすめ

コスト5とシーズン2で使うには高め、SP3と全体的にコストが高いが、機動390、HP、近距離攻撃力が300を超えているなど全般的に高い性能を誇る。機動力を生かして、ヒロトを載せれば敵防衛が移動してくる前に拠点を攻めることができる。

その際に、SPを打つことができれば、4000という非常に高い火力で一気に拠点を落とすこともできる。

また、トランザムを使用することでさらに長所を伸ばすことができるので、ハマればトップクラスに強い機体。

おすすめパイロット

素早い移動速度を生かした制圧パイロットが第一候補、機動力重視かつ、他の能力も比較的高いので、殲滅、防衛でも活躍が期待できる。トランザムを生かして、敵の急所を突くような運用ができれば強い。

制圧よりも機動力を活かして防衛として出撃させた方が強い。

221デッキなど1防衛の際に使用したい。

第9位 グラハム専用ユニオンフラッグカスタム シーズン2 おすすめ度 ★★★★★→★★★★☆

ココがおすすめ

奇襲持ちでありながら、コスト3 近距離という機体。コスト3ではあるが、HP,近距離攻撃力が290とまぁまぁ高め。今シーズンで使い勝手の良い機体となっている。

また、可変機ファイター持ちということでLV20以下で中立持ち相手にコストで不利にならないデッキを作ることができる重要なカードとなっている。

おすすめパイロット

コストの安さを最大限伸ばしたい機体。特に奇襲コストを2ダウンさせるパイロットと相性がよい。

注意

奇襲アビリティが弱体化したことにより、使用頻度が落ちている。

特に制圧奇襲は防衛移動が間に合う形なり、そこまで有用性が高くなくなった。

ただし、真相はわからないが、機動力が180より実際はもっと上という証言があり、そうなると、制圧としてまだまだ強い。

SP威力が弱いのが玉にきずだが、防衛移動前にSPを撃つ方が優先順位は高いのでそういった運用ができれば採用してもあり。

第8位 ガンダム・グシオンリベイク シーズン2 おすすめ度 ★★★★☆ 評価大幅アップ

グシオンリベイク
誘導持ち低コスト機体。SP範囲攻撃を持っており意外と使い勝手がよいかも。

ココがおすすめ

シーズン2によって近距離モビルスーツが多数採用されるようになり、見直されたカード。

また、誘導2デッキの有用性も証明され、ジャスティスナイトの相方として採用されるケースが多い。

リンクアビリティも鉄血のオルフェンズに鉄の華で近接攻撃力を増加させることができるのも良い。

Rレアではあるが、デッキ採用率はかなり高め。

また、範囲SPを持っており、殲滅で採用することによって敵防衛に対して有効性が高まるだけでなく、誘導で自身の近くに複数のモビルスーツを集めてSPで一気に叩く運用をすれば、爽快感も相まって癖になる面白さを持っている。

シロー・アマダを採用すればHP50%以下の時点でSP威力が中アップするので、効果的に使用できるのが強み。

おすすめパイロット

パイロットの候補としては、殲滅の場合は、シローアマダ、ノリス、バルトフェルド、刹那あたりが多い。

元々の能力がそこまで高くないので、優秀なパイロットを載せて戦える機体にしたいところ。

制圧として出した場合は、敵に誘導をされても範囲攻撃で拠点にダメージを入れられるのがかなり強い。

セカンドシーズンでは、2防衛+1誘導であったり複数の誘導モビルスーツが出てくる場合がほとんどなのでその対策にも使える。

第7位 AR ガンダムアストレイ・レッドフレーム シーズン2 おすすめ度 ★★★★☆ 評価アップ。

アストレイアーセナルレア
高火力で低コスト。使いやすい機体

ココがおすすめ

高耐久、高火力、高機動で非の打ちどころのないモビルスーツ。

221編成でよく見られる。リンクアビリティがSEED ASTRAYと合わせなければならず、発動が難しいと思いきや、Mレアアストレイもかなり優秀なので簡単に発動できる。

バルバトスとコンビを組ませた制圧&殲滅使いの場合、あっという間に拠点撃破まで行ってしまう。

お勧めパイロット

アストレイはバルバトスより機動力が高いため、制圧で使うことを優先したい。

そのため、制圧で使う場合は、三日月を採用するパターンが良い。

浮いたバルバトスを殲滅で使用し、ノリスを載せることでかなり高火力な殲滅と制圧を運用できる形になる。

第6位 グフ・カスタム シーズン2 おすすめ度 ★★★★☆ →★★★★☆ 変わらず

縛撃アビリティが魅力。同じ様なステータスでMアストレイがいるが、縛撃射程がこちらは2と長いため、優先順位はグフカスタム。

ココがおすすめ

コスト3と低コストながら、HP350 近接攻撃力360、SP2で3600と性能が高い。また、新アビリティである縛撃を射程2で打つことができるため、縛撃を持つモビルスーツの中では頭一つ抜けた存在。

現状122環境デッキで採用されるパターンも多いモビルスーツ。高い攻撃力を活かして敵制圧を即座に溶かせるほか、殲滅に対しても縛撃による時間稼ぎができるため優秀。

ココに注意

縛撃については、注意点がありますので、下記記事を参照して下さい。

→縛撃のスタン効果がつかないバグがあったが現在では修正済。

こちらもCHECK

ガンダムエクシア アーセナルベース
アーセナルベース シーズン2 シーズン1との比較

続きを見る

おすすめパイロット

縛撃スキルを活かせる殲滅か防衛での運用がベター。パイロットに関しては、攻撃力が高いパイロットを選択することで、縛撃後の硬直タイムを最大限に生かしたい。また、アビリティコストを含めたコストマネジメントが必要となるため、5以上のコストを持つパイロットを選択するのは運用がしにくくなる。

第5位 Zガンダム シーズン2 おすすめ度 ★★★★☆ →★★★★★ 評価アップ

ココがおすすめ

奇襲持ちかつ高性能機体。近接運用なので、HPが460と高いのはありがたい。また、近距離攻撃力も390とそこそこ高い部類。SP2で3500と汎用性が高い。

ただし、コストが7と高め。奇襲アビリティ使用を前提と考えると、使用できるパイロットは限られる。

おすすめパイロット

奇襲アビリティをできるだけ低コストで運用したい。そのため、パイロットはグラハムエーカーかアエルヤが選択されるパターンが増えそう。

奇襲アビリティが弱体化され、制圧での運用はあまり有用ではなくなった。

ただし、122デッキで殲滅として使う分にはかなり優先順位が高くノリスを載せる運用が鉄板の強さ。

シーズン2では122デッキがかなり安定して勝てるデッキとなっており、そこで採用されるΖノリスのお勧め度はかなり高い。

こちらもCHECK

122テンプレデッキ紹介
アーセナルベース セカンドシーズン 122高勝率デッキ 奇をてらわない王道デッキ。

続きを見る

【中古】ガンダム アーセナルベース/U/モビルスーツ/SEASON:02 AB02-013[U]:(パラレル)Zガンダム

第4位 ガンダム EZ-8 シーズン2 おすすめ度 ★★★★★ 評価大幅アップ

ココがおすすめ

コスト3と安く、それでいて、遠距離攻撃力330と高め。また、SP2で3700の威力はかなり高い部類。そして、アビリティ増援持ちと環境が整えばかなり強い部類。

 

増援アビリティが強化された結果、2防衛の一角を占めるモビルスーツとなった。

おすすめパイロット

コストの低さや増援アビリティをうまく活用したいところ。ただし、HPが低いため運用が難しい。

テリーサンダーズJrを載せることで、リンクアビリティの発動が容易になるほか、テリーのPLスキルは増援によって簡単に発動させることができるので相性がかなり良い。

シーズン3では遠距離モビルスーツもダッシュをすることになる可能性が高いため、殲滅での運用も増える可能性がある。その際は、バナージやシローアマダといったパイロットが対象になってくるだろう。

第3位 M ジャスティスナイト シーズン2 おすすめ度 ★★★★★ 評価変わらず

ジャスティスナイト
耐久力お化け。パイロットを攻撃力重視にすれば十分強い

ココがポイント

シーズン1から引き続き誘導モビルスーツはかなり強い。

誘導の使い方によって勝敗が決まることもしばしば。

誘導弱体化によって、誘導中のガード率が大幅に低下しかなり溶けやすくなり、より正確な使いどころが求められるようになったが、それでも使用率は変わらない。

SPも威力が高く制圧誘導として完成された1枚である。

攻防一体のカードとして1枚は誘導を入れておきたい。

おすすめパイロット

基本的に1コストのパイロットを載せることが多いが、2コストのソーマ・ピーリスやドズル・ザビ、3コストで三日月を載せる運用もあり。

シーズン1ではバルトフェルドを載せる運用がおおかったが、シーズン2ではリンクアビリティの有用性と敢えて機動力を遅くすることで防衛に落とされる時間稼ぎができるクランクを採用するパターンも増えてきている。

三日月を採用するパターンは212デッキの場合が多い。

こちらもCHECK

アーセナルベース デッキ122
アーセナルベース 212デッキ おすすめ構成紹介 両殲滅火力1000越えの超高火力デッキ。

続きを見る

第2位 U アースリィガンダム シーズン2 おすすめ度 ★★★★★ 評価大幅アップ

アースリィガンダム アーセナルベース最強モビルスーツ
アースリィガンダム アーセナルベース最強モビルスーツ

ココがおすすめ

シーズン2では遠距離モビルスーツがダッシュしなくなった影響で一時は評価を落としたが、結局はシーズン1同様、環境カードの一枚となった。

全モビルスーツの中で飛びぬけて合計値が高く、出さない手はない。

ダッシュしないので、基本は防衛として出したいが、212デッキの場合は殲滅として運用してもかなり強い。

シーズン3でも環境カードの一枚になることが予測されるので入手は急いだほうがいいだろう。

おすすめパイロット

パイロットとしてよく見かけるのは、防衛メイ、殲滅シローアマダのコンビ。

1防衛の場合、機動力に優れるPRヒロトを採用しているのも多い。

 

使われるデッキでいえば、122でメイ、212でシローアマダ、221でヒロトという形。

現状、たいていのデッキで見かけるモビルスーツとなっている。

【機動戦士ガンダム アーセナルベース】AB01-045 アースリィガンダム P【中古】【併売品】【A22050009CW】

第1位 U バルバトス シーズン2 おすすめ度 ★★★★★ 評価変わらず

Uレアバルバトス アーセナルベース
近接攻撃力580は伊達じゃない

ココがポイント

シーズン1からずっと使われているカード。

近距離強化のシーズン2で更に環境カードとなった。

最強の近距離攻撃力を活かして、殲滅、制圧、防衛とすべての役割で1枚欲しいところ。

 

おすすめパイロット

殲滅であれば、ノリス

制圧であれば、三日月

防衛であれば、テリーサンダーズあたりが優先順位高い。

 

どこで出しても主力の活躍を約束してくれるので自分が使いたいデッキに合わせて使うことができる。

-アーセナルベース, ゲーム・アニメ関連, モビルスーツ全般, モビルスーツ関係
-, ,